wwc

アカウントはそのままで

感じることに疲れたのかもしれない。
もし伝えたいことが見つかったら、またブログを書いてみようとおもう。
言葉が湧き上がってくるような、そんな体験を多く作ればいいんだな。